歯周病は早期治療が肝心!

歯周病により生じる症状と進行

歯周病は歯周病菌に対する感染症の一つであり、自覚症状なく進行していくことから常にある程度の恐れを持っていなければならない歯の病気の一つです。初期には歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の間のスペースが少しずつ大きくなってくるだけであり、見た目にも自覚症状としても大きな変化はありません。しかし、その進行が進んでいる間に歯周病菌を含むバイオフィルムや歯石が形成されていき、歯磨きによるセルフケアでは除去が困難な状況になってしまいます。 こういった状況から自覚症状として出てくるのが歯肉炎であり、歯磨きの際に痛みや出血があることによって気づくことができます。この状態を我慢して放置してしまうと、だんだんと進行していってしまうことになります。歯周病菌の放出する毒素が骨に作用してだんだんと歯がぐらつくようになり、歯肉の痛みや炎症もだんだんと広がって強くなってきます。さらに進行すると歯が抜けてしまうということにも至り得るのが歯周病です。

進行の段階と対策の効果

歯周病が発症して歯肉ポケットが開いてきてしまう状況では歯科に行ってポケットの深さを定期的に測っていなければなかなかわかりません。しかし、歯肉炎が生じてきた際には誰もが異常をあると感じます。この時点までに治療を開始できることが歯周病治療の上で重要な観点です。歯肉炎が生じている段階ではまだ元に戻すことができないようなダメージを歯周組織が受けていないため、歯周病菌の温床となっている歯石やバイオフィルムを歯医者に行って除去し、毎日丁寧な歯磨きをして歯垢を除去していくことで自然に治癒させることができるのです。 一方、さらに症状が進んで骨に達してしまっているともう自然に治癒することは期待できなくなります。治療によって歯周病菌を減らし、炎症を止めることはできますが、溶けてしまった歯は元に戻らなくなってしまいます。状況によっては抜歯をしなければものが噛みづらい状況にもなってしまうリスクがあります。そのため、歯肉炎の初期から早期治療を行うことが歯を守るために大切になるのです。