健康を維持したいなら歯周病の治療から

実は万病のもと!?歯周病を放っておくと恐ろしいことに…!

皆さん、歯周病って単なる歯の病気だと思っていませんか? 歯周病とは生活習慣病の一つで、歯垢が主な原因となって引き起こされます。歯周病にかかると歯肉や歯周組織に炎症を起こしてしまいます。 「治療するの面倒くさいし、放っておいても大丈夫そう…?」いいえ、そんなことはありません。実はこの歯周病、様々な全身疾患に影響を及ぼすことが近年の研究でわかっています。 例えば、歯周病はそのまま放置しておくと、歯周病の原因となる菌が血小板に入り込んでしまい、血栓を作りやすくなります。それにより心筋梗塞のリスクが高まるといわれています。他にも歯周病が糖尿病の症状を悪化させたり、動脈硬化を促進させたりすることが知られています。 このように歯周病は単に歯の周りでのみ悪さをするのではなく、身体中に不調をもたらす原因にもなります。そのため、もし歯周病になってしまった場合、特に糖尿病や高血圧症などを抱えている方は、迅速に治療を行う必要が。

もし歯周病になってしまったら…。

歯周病は歯の磨き残しにより生じる歯垢(プラーク)が原因となる場合が多いので、適切なブラッシングにより予防することができます。 しかし普段の歯磨きでは不十分なことも多く、歯周病にかかってしまうこともあります。その場合には、できるだけ早急に処置をすることで先述の疾患を引き起こすリスクを軽減することが可能になりますし、治療にかかる時間や費用も少なくてすみます。 歯周病治療では歯周病になってしまった原因を除去することを基本として行われます。患者を診察して原因を解明し、それに合わせた治療計画を立案し、基本治療や外科治療を経て治癒を目指します。 また、歯周病は再発しやすい疾患であるため、治癒してからも再発防止に努めることが重要となります。そのため、患者自身の再発のしやすさに応じて定期的にメインテナンスが行われます。 このように歯周病治療は一朝一夕で終了するものではないため、かからないことが一番ですが、かかってしまった場合にはすぐに歯科に行くことが大切です。大学病院のような大きな病院には歯周病を専門に扱う科もあるため、もしもの時のためにあらかじめ情報収集をしておいてもいいかもしれません。