健やかな歯と歯茎のために歯周病の対策を

歯の健康のために知るべき歯周病

歯の病気というと虫歯を想像するのが一般的でしょう。歯が少しずつ溶かされていってしまい、ある程度の深さまで到達すると激しい痛みを伴うことから誰もが恐れる病気です。そのために歯を丁寧に磨くということを習慣にする人が多いのは事実ですが、それだけでは口内の健康を維持するには不十分であるということも理解しておく必要があります。 歯の病気としてもう一つ恐れなければならないのが歯周病です。歯だけではなく歯茎にも注意していくことが歯周病対策においては重要になります。歯周病が自覚症状として現れるときには歯肉炎と呼ばれる歯茎の炎症がおきて、歯磨きの際に出血を伴うことになってしまうというのが典型的です。これは歯周病菌が毒素を放出することによって炎症が起きている状況であり、この状態になると既に大量の歯周病菌が歯磨きでは除去が難しい状態で口内に存在していることになります。こういった状況にならないような口内環境を維持しなければ健康の維持はできないのです。

歯周病の恐ろしさと対策

歯周病の恐ろしいところは自覚症状がなく進行していることが多いという点であり、歯や歯茎がある程度冒されてようやく気づくことができるという点です。そのときには歯周病菌を含む歯石やバイオフィルムが既にできてしまっており、歯医者に通って除去してもらわなければならない状況になってしまっています。これを放置してしまうと炎症が広がることに加えて、徐々に歯を支える骨にも異常がでて歯がぐらつくようになってきます。そして、最終的には炎症だけでなく膿みが見られるようになり、歯を支える部分が溶かされて抜け落ちてしまうことになるのです。 こういった恐ろしさがあるのが歯周病ですが、歯磨きを適切に行うだけで十分な対策とできるというのも事実です。歯を磨くのではなく、歯と歯茎の間に溜まりやすい歯垢をきっちりと落とす歯磨きを行っていくことで予防ができるのです。心配がある場合には歯科に通って定期検診を受けると万全の対策となるでしょう。